嫌いな自分を許してあげよう。【嫌いな自分の受け入れ方】

こころの部屋
スポンサーリンク

自分の嫌なところばかり見ちゃって嫌になる…。

でも、本当は自分を好きになりたい。

私のように自分嫌いな人が、自分を受け入れられたり好きになれた方法があったら参考に知りたい。

上記の質問に、今回は私の体験談も交えながら”嫌いな自分の受け入れ方”についてお話したいと思います。

何か参考になれるものがあると嬉しいです。

本記事の内容

・嫌いな自分を受け入れる方法(2つ)

・嫌いな自分を受け入れて良かったこと

スポンサーリンク

嫌いな自分を受け入れる方法

結論からお話すると、私は嫌いな自分を受け入れるために以下の2つを意識しました。

・「〜するべき」をやめる

・黒い感情を許してあげる

さっそく、上から順に具体的なお話をしていきたい思います。

「〜するべき」をやめる

これは本で知ったのですが、嫌いな自分を受け入れるには「〜するべき」という考えをやめることが大切とありました。

私も「〜するべき」という固定観念はいろいろありますが、その中でも飛び抜けて強かった固定観念がいい人でいるべき”という考えでした。

本当はやりたくないと思っても、「いい人でいるべき」という考えが頭をよぎるから断れなかったり、本当はこんなの好きじゃないと思っても「いい人でいるべき」がよぎるから友だちに合わせてしまったり…

とにかく「いい人でいるべき」という考え方に縛られて、苦しくなっていたんですね。苦笑

なので、本で「〜するべき」をやめることを知ったときは、心が救われた気持ちになりました。

そこからは私は、「〜するべき」という考えより自分に素直に生きる道に進もうと、実行できそうなことからはじめてみました。

具体的にどのようなことをしたかというと…

【私の場合】

・言いたくないことでもLINEの返信はするべき

・同じクラスの人にTwitterやInstagramのアカウントも「繋がろう」と言われたら繋がるべき

などといった固定観念がありました。

でも、正直に言うと言いたくないことは返信したくないですし、何でもsnsで身近な人と繋がるのは苦手です。汗

なので、これらの「〜するべき」を思い切ってやめてみました。

実際やめてみて、とても気持ちが楽になれましたし、「〜するべき」をどんどんやめてみることで自分に素直になれている実感が湧いてきました。

黒い感情を許してあげる

「あの人が嫌い」「あの人と2人きりでは遊びたくない」など、本当は思いたくない黒い感情ってあると思います。

私はそのとき正当な考えに引き戻し、黒い感情を抱いた自分をすごく責めていました。

でも本では、黒い感情を抱いてもその気持ちを許してあげることが大事とあったんです。

これを知ったときは、「黒い自分を許したらもっと性格が悪くなってしまうんじゃ…」と思いました。

でも実際にやってみると、黒い感情を引きずることがなくなり、自分を嫌いになることが減っていったんです。

「黒い気持ちになったのは原因があるからだよね。しょうがないよ!」と自分の心に声をかけてあげたことで、逆に気持ちがスッと軽くなりました。

良かったらやってみてください。

スポンサーリンク

嫌いな自分を受け入れて良かったこと

私も思っていましたが嫌いな自分を受け入れて何が変わるの?と思う人もいると思います。

そこで、私が実際やってみて良かったことをまとめました。

自分に優しくなれた

前の私は、嫌いなところばかり意識が向いて「また、誰かに迷惑をかけてしまうんじゃないか…」と、神経質になっていました。

常に気が抜けなくて、あまり楽しく過ごせなかったのを覚えています。

ですが、嫌いな自分を受け入れるようになってから、失敗しても「よく頑張ったね」と自分を褒めるようになり、自分に優しくなることができました。

そのおかげで気持ちに余裕がでて、前よりリラックスした状態で過ごすことができています。

前向きになった

自分が嫌いだと、何に対してもネガティブに考えがちです。

私も自己肯定感が低く、周りばかり気にして、思うように自分らしくできませんでした。

ですが、嫌いな自分も受け入れるようになってから、自分を責めることが減ったので、前向きに考えられるようになりました。

自分にあう生き方のヒントを知れた

自分が嫌いな人は、特徴の一つに「完璧主義」な傾向があります。

私も、失敗する自分が許せなくて、「できないことをできるようにならなきゃ」と頑張り過ぎていました。

でも本を読んで、できないことは置いといて自分に合うやり方だけで生きる方法もあると知りました。

私は、「できないことや嫌なことから逃げてはいけない。」と自分を追い詰めていたので、この言葉がとても救いになりました。

おかげで今は、自分の好きな環境や過ごし方を大事にするようになり、心も体も健康に過ごすことができています。

嫌われる勇気をもてた

私は、嫌われることがとても怖く、特に人からの頼み・誘いを断ることができませんでした。

でも、どんな自分も受け入れるようになってから、自然と自分の気持ちを大事にするようになりました。

周りを気遣うことも大事とは思いますが、自分の気持ちを一番大事にした方がいいと学びました。

まとめ

・自分に優しくなれた

・前向きになった

・自分にあう生き方のヒントを知れた

・嫌われる勇気をもてた

考え方が変わると生き方も変わるので、自分を見つめ直すことは大事だと思います。

スポンサーリンク

最後に

いい人を演じてしまうと、自分に負荷をかけてしまいます。

私もいい人を演じていることに気づかず、心に負担をかけていました。

なので、自分が嫌いと思う方には、周りより自分の気持ちを大事に生きて欲しいなと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました